スタッフブログ   ウェルカムボードのWELCOME BOARD SHOPブログ

サイトマップ

ウェルカムボードショップTOP > スタッフブログ > 2011,5月の記事一覧

2011,5月の記事一覧

「軽蔑」

スタッフの藤田です。

今、中上健次の「軽蔑」を読んでいます。

本屋さんに平積みになっていたのでなんとなく手に取ったのですが、もうすぐ映画が公開されるそうですね。

まだ読み終わっていないのですが・・・

こんなのヤダー!!

まちちゃん、なぜにそんな茨の道を選ぶのだ!そして考えすぎ!鈍感力を養いなされ!

カズさん、あなたは女の気持ちに鈍感すぎ!アホー!!

と、今のところはそういう感想です。

読み終わるとまた感想が変わってくるのかもしれませんが。

 

私のようにのほほーんと単純にのんきに生きてきた人間にはわからない次元です。

まちちゃんとカズさんは、とっても愛し合っていて、お互いが不可欠のようなのに、なぜだろうか、ちゃんと話をしないんです。

かっこつけているの?

すぐ嘘つくし。しかもどうでもいい嘘を。

で、二人とも突然暴走するしー。やだやだー

 

なんだか、針金みたいな二人だと思いました。

もともと真っ直ぐなんだけど、簡単にねじれる針金を、めちゃめちゃにねじってねじって引っ張ってみたら、なんだかいびつな真っ直ぐになっちゃう感じ。そして、ねじり過ぎたせいで強度が弱って、ぷちっとねじ切れてしまいそうな感じ。

 

ううむ。男と女というものはなんとも不思議でおそろしい。

でも、純愛なんですよねぇ。

まちちゃんがカズさんをどんなに好きかは、ちょっとした描写の端々に現れていて、それは、女心としてわかる。

わかるから、もう、なんでこんな二人が出会ってしまったのかしら!と運命をのろいたくなってしまいます。

 

女性は一番好きな人とは結婚しないほうが良い、なんてことをどこかで聞いたことがあり、

そんなのは昔々の歴史の教科書に載っているような時代の話でしょ。と思っていましたが

この小説を読むと、さもありなん、という気がしてきます。

 

でも、小説から目を上げて、現実を見ると、やっぱり一番好きな人と結婚したほうがいいと思いますよ。

皆さんは大好きな人と、穏やかで温かい家庭を作ってくださいね!

★2011/05/31 19:17:37 スタッフのお話

結婚前夜

スタッフの藤田です。

結婚式の前日、といえば「のび太の結婚前夜」のようなジーンと心温まるエピソードがあるものなのでしょうか。

どうなのでしょうか。

 

他の方のことはわかりませんが、私にはそういうものはありませんでした。

宿泊したホテルの部屋で、翌日の披露宴で読まなくてはいけない「花嫁の手紙」を書いていました。

しかも、既に午前1時を過ぎていたのにほとんど書けていませんでした。

翌日は、ホテルから30分くらいかかる式場に7時入りかなんかだったのに。

いろいろな本に、

「前日はゆっくりと過ごしましょう。心も体もリラックスさせて早く寝ましょう」

なんて書いてあるのに。

 

何書いていいのかわからない、ビールでも飲まなきゃ書けない、人前で読めるような内容は書けない、だいたい私は読みたくないと言ったのにプランナーさんとあんた(夫)が無理矢理タイムテーブルに入れた・・・、などなど

ブーブーブーブー言いながら乱雑に書きなぐっていました。夫はそんな私をなだめて盛り上げるのに必死でした。

 

しかしそんな状況で搾り出した手紙でも、当日、いざ読んでみると母はほろりと涙を見せていたので申し訳なくなりました。

 

・・・ですが、母はそのすぐ後、ゲストお見送りの準備で夫の両親とともに出口のほうへ並んでいるときに、いきなり手紙の内容に文句を言い出して、夫の両親が失笑する、という情けない結末を迎えました。

 

皆様はどんな結婚前夜を送られるのでしょうか。

とにかく、次の日に持っていくものの準備はお忘れなく!!

★2011/05/27 19:45:46 スタッフのお話

パズルのウェルカムボード

スタッフの藤田です。

当店の人気商品、パズルのウェルカムボードは通常「完成した状態」でお送りしておりますが、

先日ご利用いただいたお客様からは、

「バラの状態で送ってほしいのですが・・・」と、お問い合わせをいただきました。

もちろんバラの状態でお送りできます!

 

そのお客様は、二人でパズルを完成させたいので、とおっしゃっていました。

 

隣り合うピースがかちりとはまっていき、1枚のウェルカムボードになるのはとてもロマンチックなことだと思っています。

別々に育った二人が出会ったこと、そして結婚しようと思ったこと。

パズルのピースがはまるようにしっくりきて今があるように思います。

たとえ無理に合わないピースをはめようと思っても、うまくはまらないし、完成しません。

回り道しながらでも、自分にぴったりのピースを組み合わせながら、今日まで生きてきたのだと思います。

そしてこれからも、ずっとずっと、ピースをはめていくように、未来へ向かっていくのではないでしょうか。

 

 

出会う前のことや、出会ってからの二人の思い出、

これから二人で作り上げていく未来への思いなどを語り合いながら、パズルを完成させる。

素敵な時間ですよね!!

 

たとえなかなか二人一緒に作る時間がなくても、自分がいないときに、もう一人が進めている、というのもなんだかいいなあと思います。

お互いが補い合いながら1つのものを作り上げていく、ということは、結婚生活っぽいなあと思います。

 

組み立て前の状態での発送をご希望の方は、最終デザインのご決定までに「バラで発送希望」とお知らせ下さい。

(特にご希望のない場合は完成した状態でお送りしております。もちろん完成した状態から、もう一度組み直すこともできますよ。)

 

ただ、結婚式前はやらなくてはならないことがたくさんありますから、お二人で作られる場合は、日程に余裕をもってお申込みください!!

前日に夜更かしして完成させることのないように!!

★2011/05/26 10:44:59 スタッフのお話

ライオンの家族写真

スタッフの藤田です。

昨日に引き続き動物園の写真を。

3月に生まれた3頭のお子ちゃまライオンとおとうちゃんおかあちゃんの5人家族です。

見えにくいですが、仔ライオン、おかあちゃんの尻尾でじゃれています。

ふわふわの子猫ちゃんみたいだけど、脚のがっしりした感じには既に貫禄が漂っていました。

少し離れて周囲を見張るのは凛々しいお父ちゃんですが、前脚クロスのポーズがキュートです。

 

しかしちょっと珍しくないですか。

ライオンが家族全員でこんなに近くに集まっているなんて。

まるで写真を撮らせてくれるかのようでした。

 

この後、お父ちゃんは更に家族のそばへ近付きました。

そんで、お子様の一人に、百獣の王とは何たるか、と帝王学を説きはじめました。

お子ちゃんは「ギャー難しい!!」と叫んでいます。

「何が王の誇りやねん、ここ動物園ではどんだけ愛想振れるかの方が大事やで~」

と、お母ちゃんが愛想のない表情でご主人に苦言を呈しています。

「そーだそーだ!お母ちゃんの言うとおり!」と、別の子は野次を飛ばしています。

 

いやあ、家族って本当にいいものですね。

★2011/05/25 17:09:37 スタッフのお話

動物園

スタッフの藤田です。

 

ぱっつん前髪のかわいい子。

シェットランドポニーです。

私は市松人形のようだと思いましたが、

同行者はレディガガ様だ、と言っていました。

これはやはり飼育員の方がカットしているのでしょうか。

 

きちんと揃えた前脚がかわゆい。

今この写真をじっと見ていたら、Perfumeのかしゆかちゃんにも見えてきました。 

 

ちなみにこちらの動物園は茨城県の日立市にある「かみね動物園」です。

小高い山の中腹にあり、太平洋が望めます。

私が行ったこの日は、休日で天気も良かった上に、子ども写生大会というイベントをやっていたようで、山のてっぺんの駐車場しか空いていませんでした。

で、そこから急な下り坂をかなり歩いて動物園まで行くのです。10分以上は歩いた気がします。

途中につつじ公園なんてあって、爽やか。日頃の運動不足の解消になったでしょうか。

 

もちろん、帰るときは同じ距離を、えんやこらどっこいさ、と登って駐車場へ向かいます。

午前中から動物園を歩き回って既に疲れている帰り道ではつつじ公園も全然楽しめません。

しおれたつつじばかりが目に入ります。夕日も眩しいし暑い。

考えたら山の中腹から頂上まで登っているんですよ!

富士山の5合目から頂上アタックしているのと同じですよ!!(違います)

 

「そんなに駐車場から離れているなんてイヤだワ」とお思いの方、ご安心ください。無料のシャトルバスがあるようです。

しかし私は、バスの時間ものりばもよくわからなかったし係の人も見当たらなかったので、調べるのが面倒で歩いてみたのです。

つまり自己責任なので文句は言わんときます。

 

いやしかし、この日はよく眠れました。

★2011/05/24 18:14:19 スタッフのお話

矢口真理ちゃんの結婚会見

スタッフの藤田です。

矢口真理ちゃんの入籍会見をテレビで見ました。

すっごい身長差ですね!!

チワワとボルゾイみたい。・・・ちょっと違うかな。

手をつないでいる姿、なんだか高学年のお兄さんが小学校に入学したばかりの1年生の手をつないでいるみたいで、なんだかほっこりします。

しかしあんなに大きな人がおうちにいたら邪魔じゃないのかしら。

いやいや、きっと大きな部屋に住んでいるのでしょうね。芸能人だもの。

 

そんな余計なお世話はともかくとして、会見時の矢口真理ちゃんのヘアアクセサリ(ティアラ?王冠?)、かわいいですね!

2次会や仲間内の結婚報告パーティーに合いそう。

ワンピースも花嫁さんらしくて、でも浮かれすぎてないちょうどいい感じで、かわいかった。

 

きっちりした2次会(1.5次会・パーティなど)をなさる場合は、ウェディングドレスを着られる方が多いと思いますが、

もっと気楽な、打ち上げ的な2次会の場合は、動きやすそうだし、ああいう花嫁さんらしいワンピーススタイル、素敵だと思います。

でも、白いワンピースなんて、普段はなかなか着ないですよね・・・

買うのはもったいないから、洋裁の得意なお母さんやお知り合いに作ってもらうといいですよ!!(他力本願)

★2011/05/23 17:13:37 スタッフのお話

省エネの夏。

スタッフの藤田です。

ここのところいい天気ですね。いい天気過ぎて暑いくらい。

夏はこれ以上暑くなるんですよね・・・。

今年の夏は特に省エネを求められていますから、お店などに行ってもクーラーでひんやり、というようなことはできないのだろうなぁ。

クーラーでひんやり、と言えば、夏の喫茶店はガンガンにクーラーが効いていますねぇ。

 

夏に出歩いているとき、喉もからから、汗もだらだらになって疲れてきた頃に「氷」というポスターが貼ってある喫茶店を見つけると絶対入りたくなるじゃないですか。

 

そんで砂漠にオアシスを見つけたかのような気持ちで宇治金時とかを頼むじゃないですか。

 

でも、待っている間にクーラーで汗が冷えて寒くなってくるじゃないですか。

 

せめてアイスクリームくらいにすればよかったかな、と後悔し始めた頃に、想像以上に山盛りのかき氷が出てきたりするじゃないですか。

 

ひ~・・・と思いながらもおいしいから食べるじゃないですか。

 

もう途中から、クチビル紫になっているんじゃないだろうか、と気になるくらい体が冷え切って、いよいよお冷があったかく感じられるくらいになってくるじゃないですか。

 

何でこんな凍える思いしなくてはならないのだ・・・という気もしながらお会計して喫茶店を出るじゃないですか。

 

そのときの「もわあ~」とした熱気!

私はその熱気が好きです。冷めた体にまとわり付く重たい空気。

ああ、なんか生きてる!という気がします。一瞬だけですが。

 

でも、今年からは省エネ!

無理な我慢で体を壊してはいけませんが、暑さを乗り切る工夫はたくさんありそうです。

それに暑い夏、自然に任せていっぱい汗かいたら代謝が上がってスリムになれるかもしれないですね!!

★2011/05/20 12:31:06 スタッフのお話

お義母さんの気持ち

スタッフの藤田です。

先日、タイプの違う実母と伯母(実父の姉)が、全然別の場面でお嫁さんに対してまったく同じことを言ったのでここでこっそりお姑さんの本音として紹介させていただきます。

二人とも息子夫婦とは別々に暮らしています。

お嫁さんは、私から見るとお正月やお盆には楽しそうに帰省していますし、良好な嫁姑関係です。

ですが、お姑のお二人にはちょっぴり不満があるとのこと。

「いつも電話してくるのは息子なの。いつ遊びにくるとか、送った野菜が届いたとか、そういう連絡は全部。なんだか嫌われてるのかなーと思っちゃう」

 

嫌われてるわけないよー、と言いながら私も自身を振り返るとそういえば夫に電話させていたなあ。

で、こっちとしては離れて暮らす息子の声をたまには聞かせてあげたい、だいたい嫁の声聞くより息子の声聞いたほうがお義母さんも嬉しかろうよ、という気持ちでいたのですが・・・。

 

嫁世代の私が「嫌いとかそういうんじゃなくて、母と息子の関係に遠慮してるんだよ」と、フォローすると

「いいように言えばそうかもしれないけど、結局電話なんて面倒だと思ってるんでしょー」と、母はズバッと本質を突いてきやがりました。

 

結婚生活について書かれているものを読むと、「自分の親には自分が対応するべし」みたいなことがよく書いてありますよね。

確かにそれはそうで、お義母さんからの提案をお断りしたいときなどは、嫁から言うのも言いづらいしこじれたら面倒なので、正しい意見の一つだと思います。

でも、それは干渉ごとなどがある場合の話。

事情がない限りは、時々でもいいからお嫁さんから電話した方が良いみたいです。

 

お姑さんとしては、お嫁さんに嫌われたくないし喜んでほしいので、自分なりにいろいろいいカッコしようと努力しているのです。

で、せっかくかっこつけて頑張っているのだから、喜んでほしかったり、お世辞でもいいから先輩として立ててほしいと思っているのだと思います。

なのに、いつも息子からの電話だと、張合いがないというか、反応がわからなくて不安になっちゃうんでしょうね。

 

お姑さん世代は、メールよりも電話の方がいいと思っている人も多いです。(メールはどこでやめていいのかわからないそう)

お姑さんとはメル友よ、という方も、時々はご機嫌伺いにお嫁さんから電話してみてください。

結構喜ばれますよ。(私もやってみました!)

★2011/05/18 18:45:40 スタッフのお話

披露宴におススメの曲♪

スタッフの藤田です。

今日は結婚式・披露宴におすすめの曲を紹介してみたいと思います。

といっても、私の個人的好みなのでご了承ください・・・

 

毛皮のマリーズ「愛のテーマ」

自分が結婚するときにこの曲が出てたら絶対に新郎新婦退場の曲に選んでいただろうなと思う1曲です。

ベタ過ぎるタイトルですが、結婚式にはそのくらいがちょうどいいでしょう!

まさに愛のテーマ!というにふさわしいブリリアントにきらめくイントロ。

自然と体が揺れて笑顔になってしまうリズム。

一度聞いたらすぐに覚えてしまうサビメロ。

子どもコーラスや華やかなホーンアレンジでクライマックスへ向かう編曲にドキドキワクワクします。

とてもドラマチックでかわいくて幸せな気分になります。

そしてそして歌詞もとてもかわいらしいのです。

別々に生まれて育った二人が出会い、少しずつ距離を縮めていき結婚して家族になるということ、

私の両親もあなたの両親も、縁があって出会い家族になったということ

それは奇跡のようだけど必然でもあったんだなあ・・・なんてじんわりしみじみします。

家族というものは小さな小さな組織だけど、それが世界のすべての根源だと思うと、二人での新生活に向けて気持ちも引き締まるような気がしてきます。ちょっと大袈裟ですけど。

そのくらい、ラブ&ピースに彩られた曲です。

いっそのこと、披露宴で大合唱したいくらい、と思ってしまうほどのおすすめソングでした。

★2011/05/17 18:09:36 スタッフのお話

ウェルカムパズル-フクシマ様

「無事に届きました。
夫婦共々大変気に入っています。
ありがとうございます。
当日が楽しみです。」

 

ご満足いただけたとのお言葉、ありがたく頂戴いたしました。
お写真のお二人の笑顔がとても明るくて印象的でした。
いよいよ結婚式ですね。
当日までくれぐれも体調にお気をつけて、素敵な結婚式をお迎えください!
ありがとうございました

★2011/05/16 09:15:41 お客様の声

ログイン




Check


メディア掲載実績
フジテレビ月曜9時からのドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』のキーアイテムとして当店のパズルタイプのウェルカムボードが登場しました。
↓こちらのタイプをアレンジし、戸田恵梨香さんと三浦春馬さんのお写真で作成させていただきました。
大切なことはすべて君が教えてくれたのパズル

ゼクシー.netに掲載されました。
zexy

スタッフブログ

画像修正

ssl logo
当サイトは、個人情報を入力するフォームにおいて英COMODO社のSSL暗号化通信を採用しています。安心してウェルカムボードをお買い求めください。

クレジットカード払い可能。

このページのTOPへ
Copyright(C)ウェルカムボードショップ All rights reserved.